くしろドットコム - 北海道・釧路から楽しい観光情報を発信中!
メニュー
くしろドットコム・モバイル
釧路観光と旅行サイト、くしろドットコム・モバイル
ad 釧路観光
エコなスローフード、イークッキング北海道
北海道観光、イー北海道
ecooking ブランド構築
くしろドットコムについて
・ABOUT US & 免責事項

バナーをご利用ください!
タンチョウのすこやかな明日を願う!くしろドットコム
次回更新は満月の夜、or ・・・
ad
トップ  >  観光名所  >  道東のみどころ

道東のみどころ

釧路圏観光、私がご案内させて頂きます。

”バイリンガル音声ロボット君”が釧路圏の観光案内をするよ!国会演説の様に”棒読み”と大人気!少々の読み間違いなんか気にしない気にしない。”音声ロボット君”それではどうぞ!
日本語ガイド (前編)(Windows Media対応―6分43秒)
日本語ガイド (後編)(Windows Media対応―6分44秒
再生には最新のWindows Media Player 9(無料)が必要です。

(監修:くしろドットコム・ローテクメディア研究所)視覚障害をお持ちの方々にもお楽しみ頂けるよう配慮させていただきました。
英語音声ガイドはこちら 
English is available here !
 
阿寒町厚岸町音別町釧路市釧路町 | 標茶町白糠町鶴居村弟子屈町浜中町
阿寒町 はこちら! 
阿寒湖(釧路駅からバス120分、釧路空港からバス75分)
阿寒国立公園の代表的景勝地、湖畔は道東を代表する温泉街。原始林が湖に迫る湖岸美とマリモの生息地で有名。遊覧船によるマリモ観察センターの周遊がお薦め。

アイヌコタン(阿寒湖畔温泉街内)
北海道で一番大きなコタン(村)。木彫、民芸品の販売店が並ぶ。国指定無形文化財のアイヌ古式舞踊が上演されている。

丹頂の里(釧路駅からバス70分)
釧路から阿寒湖畔に向うまりも国道沿いに見えるタンチョウをイメージしたユニークな建物が「国際ツルセンター」隣りに観察センターがある。施設周辺に多いときで100羽以上の丹頂鶴
が集まり、カメラマンや観光客で賑う。国道の反対側には、キャンプ場・温泉宿泊施設「赤いベレー」レンタサイクル等が整備された阿寒自然休養村がある。
阿寒国際ツルセンター


厚岸町 はこちら! 
国泰寺(厚岸駅からバス15分)
文化元年幕府が建立した蝦夷三官寺の一つ。国指定の史跡で山門には葵の紋が残っている。境内は道東を代表する桜の名所で古木が多く、見頃は5月中旬〜下句。

愛冠岬(厚岸駅からバスで国泰寺下車徒歩30分)
厚岸の代表的景勝地。海鳥の繁殖地として有名な大黒島・小島が目の前に広がり、岬の愛の鐘「ベルアーチ」は若いカップルに人気。

子野日公園(厚岸駅からバス15分)
エゾヤマザクラを始め奇樹珍木が多く、さくらまつりやかきまつりの会場として賑わう。

原生花園あやめヶ原(厚岸駅からバス20分)
太平洋に突きでた段丘「チンベの鼻」一帯に、6月下旬から7月上旬にはヒオウギアヤメが一面に咲き乱れ、訪れる人の目を楽しまセる。海崖上からの眺めは男性的。

味覚ターミナル・コンキリエ(厚岸駅から徒歩5分)
厚岸の代表的持産品カキを中心に食文化を創る施設。道の駅にも指定されている。


音別町 
パシクル沼(音列・白糠両町のほぼ中間、各々の市街から車約10分)
沼の南側が太平洋に接し、国道38号線が横断している。沼の周辺には広い駐車場とトイレ、キャンプ用の炊事場などが整備され、売店も数軒ある。

音別海岸の釣り
音別海岸一帯は磯釣りに最適。5月〜7月にかけコマイ、アカハラ、9月〜11月頃にはオオマイ、カジカ、カレイ等がよく釣れる。
秋サケのそ上シーズンにはサケの海釣りの竿が砂浜に林立するさまは壮観。

音別憩いの森(音別駅から17km車20分)
閉校した小学校跡地を利用した公園でオンコ、ツツジ、サクラなどが訪れる人の目を楽しませてくれる。施設も整いさくら祭り、キャンプ等の野外活動の場になっている。


釧路市 
はこちら! 
幣舞(ぬさまい)橋(釧路駅から徒歩10分)
釧路川にかかる現在の橋は昭和51年11月に完成した5代目。欄干には日本の代表的な彫刻家4人が製作した四季の乙女のブロンズ像4体が据えられている。

MOO(ムー)・EGG(エッグ)(釧路駅から徒歩10分)
幣舞(ぬさまい)橋のたもとの「飲む・食べる・買う・憩う」の要素を集めた都市型観光施設。都市間パスの発着場所。

釧路市立博物館(釧路駅からパス15分)
ユニークな外観の近代建築。すぐれた展示品と展示方法により日本ディスプレイ大賞を受賞。市埋蔵文化財調査センター併設。

釧路市湿原展望台(釧路駅からバス30分)
昭和59年に完成した釧路湿原の展望施設。湿原はもとより釧路市街や太平洋を望む光景は雄大そのもの。

○釧路和商市場(釧路駅から徒歩3分)
北海道3大市場のひとつにかぞえられ、海産物は安くて新鮮、人気の土産スポット。


釧路町 はこちら! 
細岡展望台(釧路湿原駅から徒歩10分)
釧路湿原の名所。大観望とも呼ばれ、手前に釧路川が蛇行し、湿原の水平的景観が視野一杯に広がる、背景に阿寒連峰も一望できる。休憩施設「ビジターズラウンジ」がある。

達古武湖(細岡駅から徒歩10分)
周囲5kmの海跡湖。湖北にレンタルカヌーのあるオートキャンプ場があり、細岡駅近くから木道・遊歩道で結ばれている。途中に「夢ケ丘展望台」ヘの連絡路あり。

岩保木水門(遠失駅から徒歩45分)
昭和6年、釧路川と新釧路川の分岐点に建設され、釧路川洪水終焉の歴史的遺産。

尻羽岬(釧路駅から46km 車60分)
岬の上部はなだらか平原で6−7月に咲くヒオウギアヤメやエゾカンゾウは美しく、海と草原だけの青と緑の世界が広がる。

キトウシキャンプ場(釧路駅から25km車35分)
断崖絶壁に隣接、野趣豊かなキャンプ場。


標茶町 はこちら! 
塘路湖(塘路駅から徒歩10分)
釧路湿原東部に位置する周囲18kmの湖。ワカサギ、コイなどが養殖され、ペカンペ(菱の実)も豊富。湖畔にはキャンプ場、郷土館、カヌーのレンタルが可能な元村ハウスぱる(カヌー基地)、釧路湿原の情報を提供するエコミュージアムセンター「あるこっと」などがある。

サルボ展望台(塘路駅から徒歩35分)
塘路湖の北西小丘の上にあり、細長い塘路湖の全景と釧路湿原の眺望をほしいままにできる。 手軽なハイキングコース。

シラルトロ湖(茅沼駅から徒歩10分)
塘路湖から小山一つ隔てた北にあり湿原の魅力をもつ湖でタンチョウ、ハクチョウなどの水鳥の楽園。 湖畔にはキャンプ場や温泉宿泊施設「憩いの家かや沼」があり、蝶の森のある運動広場も隣接している。

多和平(磯分内駅から車10分)
日本一広い町営育成牧場、地平線の見える景色が広がる。展望台、駐車場、休憩施設、キャンプ場があり。放牧中の羊も間近に。


白糠町  はこちら! 
道の駅「しらぬか恋問」(白糠駅から12km)
コイトイと読む。国道38号沿道にあり24時間開放の日本一あずましい」トイレが自慢。66台収容の大駐車場、レストラン、地元特産物を販売するコーナーもある。

上茶路青少年旅行村(白糠駅からバス40分)
茶路川の清流に沿うキャンプ場。

滝の上渓谷(庶路駅から車約30分)
庶路川の上流滝ノ上付近。大滝、不動滝などがあり新緑と紅葉の時期がよい。

空港カントリークラブ(釧路空港から3km)
空港から至近距離にある便利なゴルフ場。27ホール。

岬の森・東山公園(白糠駅から車5分)
石炭岬の高台にある公園で、林間広場や散策路があり、展望台からは町並みを眼下に美しい海岸線と太平洋がみられ、園内には望洋の碑、歌碑、アイヌ弔魂碑がある。


鶴居村 はこちら! 

鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ(釧路駅より阿寒バス鶴居保護センター行き、または川湯温泉行き乗車約1時間、鶴居村役場前下車,徒歩約15分) 冬季には目の前でタンチョウの素敵なダンスを鑑賞出来る。

鶴見台(釧路駅からバス40分)
タンチョウの飛来地。釧路から鶴居村を,通り弟子屈へ至るバス路線の沿道にあり、冬季には多い時は200羽近く飛来する。近くの音羽橋からみる朝もやの中のツルも魅力。

鶴居運動広場とグリーンパークつるい(釧路駅からバス60分)
幼児からお年寄りまで楽しめる面積12へクタールの広場。広場にはパットゴルフ等の施設があり、隣接して温泉宿泊施設「グリーンパークつるい」がある。

鶴居どさんこ牧場
どさんこで大自然の中をホーストレッキングができる「どさんこ釧路湿原探勝会」を実施。初心者から上級者まで各種コースあり。

村民の森(釧路駅から車50分)
90ヘクタールの森林公園、園内には高さ30mの展望塔の他オートキャンプ場、水車小屋、バーベキューなどの施設がある。


弟子屈町 
はこちら! 
摩周温泉(摩周駅からバス5分)
釧路川に面した道東最古の温泉郷。泉質は透明な弱食塩泉、湯量豊富。近くの町営観光牧場「900草原」で雄大な景観を満喫。

摩周湖(弟子屈バスターミナルから20分、川湯バスターミナルから35分)
ご存じ神秘の湖。晴れた日には第1から第3展望台間の尾根道探勝がお薦め、背景の屈斜路カルデラ、釧根原野の眺めも圧巻。

川湯温泉(川湯温泉駅からパス10分)
阿寒湖と並ぶ観光地。針葉の美林に囲まれ、街の中を湯の川が流れ温泉情緒満点。新緑、紅葉、樹氷期がとくによい。

硫黄山(川湯温泉駅からバス5分)
年中噴気活動を続ける活火山。山麓にはハイマツ、白樺の自然の大庭園が広がり初夏の白ツツジ、秋の紅ウルシの紅葉が見事。

屈斜路湖
北海道第2位の広さ、釧路川の源。和琴・池の湯・砂湯・仁伏等の温泉・観光地がある。


浜中町  はこちら! 
霧多布湿原(浜中駅からバス15分)
日本で3番目に広い湿原、国の天然記念物でラムサール条約の登録湿地でもある。花の湿原と呼ばれ、6月下旬から7月中旬にかけて白のワタスゲ、橙色のエゾカンゾウ、紫色のヒオウギアヤメなど多彩な花々で埋め尽くされる。
湿原西側丘陵地に湿原情報基地として人気の「霧多布湿原センター」がある。

琵琶瀬展望台(霧多布市街からバス20分)
霧多布湿原、霧多布半島や浜中湾が一望でき、その風景は国際級との評価もある。

霧多布岬(霧多布市街から徒歩30分)
標高40−60mの平坦な台地状の島が陸とつながってできた小半島の東側。展望台からは奇岩・絶壁が眼前に広がり、先端部には灯台も見える。平坦な台地部分には昆布の干場と野生の花園が広がり5月中旬から7月上旬にかけ咲き競い、先端部にキャンプ場もある。

アゼチの岬(霧多布市街から徒歩20分)
小半島の西側から琵琶瀬湾に向かって突き出た花のミニ半島。夕日がお勧め。
 
注意:営業時間、定休日などは季節により変動します。お出かけ前にチェックする事をお薦めいたします。
前
釧路湿原国立公園
カテゴリートップ
観光名所

タンチョウのすこやかな明日を願う! © 1998-2016 くしろドットコムジャパン 北海道  About us & 免責事項