Kushiro.com TV on demand : くしろドットコムTVオンデマンド

くしろ湿原ノロッコ号・釧路駅出発編 Vol.1
Norokko Train in Summer. (3:41seconds)


動画をご覧になるにはWindows Media Playerが必要です。


くしろドットコム
くしろドットコムのお茶の間観光! 

 

 

【ど〜考えても特急料金は頂けない!くしろ湿原ノロッコ号で行く
釧網線(せんもうせん)の旅!
ローカル鉄道で旅行気分をお楽しみください!】


【解説】

 『ノロッコ号の朝は遅い。』
JR釧路駅、午前10時42分。くしろ湿原ノロッコ号は
今日も社長出勤です。
 ゆっくりとプラットフォームへ進入するノロッコ号。それから乗客を
乗せて釧路湿原へ向けゆっくりと出発します。
 景観の良い場所ではゆっくりのんびり進み、そうでない所は
それなりに走ります。しかし、自転車にまで追い越されるのは
いかがなものか・・・。
 『そんなに急いで何処へ行くの?』 ノロッコ号が呟きます。
 『そんなに急ぐとお月様に追いついてしまうよ!そうしたら、
 早く夜になっちゃうのに・・・』
大きな太陽の下、ノロッコ号がのんびり釧路湿原に向かいます。


Back Number くしろ湿原ノロッコ号 Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4
To be continued つづく!

撮影:北海道釧路市、JR釧路駅。
釧路湿原ノロッコ号  機関車重量 65トン
              最高速度 85km/h
              製造初年度 昭和44年

ノロッコ号は2003年は4月26日から11月3日まで釧網(せんもう)線
(釧路−塘路、または川湯温泉)で運行されました。
釧路〜釧路湿原:片道350円、釧路〜塘路:片道530円。
1989年より運行され今年で15周年です。
尚、普通列車は通年運行しております。

解説: ノロッコ号とは・・・・

 JR釧路支社がお贈りするローテク列車の集大成。
ある時は「湿原ノロッコ号」、ある時は「紅葉ノロッコ号」となり、
JR釧路支社が手を変え品を変えて世に送り出す観光列車。
そのマーケティング手法は世界の鉄道会社も一目置く、
隠れたドル箱路線。
 そのスピードは、おフランスが誇る高速列車TGVも新幹線をも
凌駕し、勝てる者はもはや徒歩しかない。(おいおい!)
 
本名:機関車DE10。実は最高速度85km/hを誇るが、
スローライフの実践者。本人曰く「能ある鷹は爪を隠す!」。
 
 釧路湿原国立公園を横目に、沿線の景観の良い場所では
ゆっくりのんびり走り、そうでない場所ではそれなりに・・・。
因みに、JR釧網線をノロノロ運行するのが名前の由来らしい。
 座右の銘「ローテクを征する者は世界を制す」

 しかし、その本心は発展”過剰”国のわが国と自然環境保護とが
どうあるべきかを私達一人一人に問い掛けている。
 必要以上に廃棄物を生み出しているのは、私達ニッポン人自身
なのであり、沿線の静脈産業とその後に広がる雄大な釧路湿原との
両方を見て、これからのわが国のゼロ・エミッション社会をどのように
構築すれば良いのかを考えて頂ければ幸いです。
(くしろドットコム・オールスターズの勝手に解釈事典より)

「日本の環境破壊の最前線は日本国内には無い。」
(フリッチョフ・カプラ/アーネスト・カレンバック著
 
「ディープエコロジー・持続可能な未来に向けて」より)  

(2003.11.5)  




ホーム著作権とリンクニュースリースAbout us(お問合せ)
くしろドットコム
Kushiro.com MusicEnglish


再生には最新のWindows Media Player(無料)が必要です。

Presented by 「タンチョウのすこやかな明日を願う!」 くしろドットコム

Copyright(C) 2004-2008 Kushiro.com TV All rights reserved.

Legal Note: All contents are copyrighted by the writers and Kushiro.com Japan.
The contents here are listed for non-commercial purpose only.
All rights of owners are reserved. Violations of copyright can and will be vigorously prosecuted.